なんでもおまとめ

なんでもおまとめします! なんでもといったけど、なんでもかんでもではありません(^^; 悪しからず<(_ _)>

    アニメ・漫画

    1: 2020/06/01(月) 18:06:14.63 ID:CAP_USER
     放送文化の向上に貢献した番組や個人・団体を表彰する「第57回ギャラクシー賞」(放送批評懇談会)が6月1日に発表され、水木しげるさんのマンガが原作の
    テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビ)第6期が、テレビ部門特別賞に選ばれた。

     「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガ。1968~69年にテレビアニメ
    第1期が放送され、以後半世紀以上にわたって愛され続けてきた人気作。第6期は2007~09年に放送された第5期以来、約9年ぶりの新作で、2018年4月~2020年3月に
    放送された。

     ◇受賞理由

     50年以上にわたり6回もアニメ化されたことは、テレビ史に残る出来事です。周年を記念して制作された第6期も、2年間放送され、支持を得ました。新たな
    サブキャラクターの登場や、主人公たちの設定の見直しなど、原作を現代社会に合わせる表現上のさまざまな工夫も素晴らしく、何よりも登場する妖怪たちの基本設定は
    原作そのまま。社会や時代は変わっても、人間社会が抱えている闇や怖さは、水木しげる原作時代と同じ、普遍的なのだということを教えてくれました。
    日曜の朝にターゲットである子どもたちに向けて丁寧にメッセージを送ることに徹底して作られています。それが多くの人たちの共感を呼ぶ。テレビアニメの
    あるべき仕事だといえます。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/56c908c2c525c94fceaf7885e94ef3c980886290

    【【猫娘!】<ゲゲゲの鬼太郎>テレビアニメ第6期がギャラクシー賞 テレビ部門特別賞】の続きを読む

    1: 2020/05/31(日) 19:47:20.27 ID:iFFKOmMD
    ようちか「うわぁ、、、、」

    【幼少期果南「ザリガニを鞠莉がオマール海老と勘違いして厨房へ持ってった」】の続きを読む

    1: 2020/05/31(日) 18:36:17.71 ID:5RSrEspi9
    https://news.careerconnection.jp/?p=94224
    2020.5.31

    かつての名作ゲームがリメイクされるのは素晴らしいことだ。1992年発売の『ロマンシング サ・ガ』を2005年にフルボイスでリメイクした『ロマンシング サガ ―ミンストレルソング―』は傑作だった。オリジナルの魅力をそのままに、ミニオンの暗躍に重きを置いたシナリオと豊富なやりこみ要素は、まさにリメイクのお手本とも呼べるタイトルに仕上がっていた。あの会社のあのゲームもリメイクされないかな、と思うことはしばしばある。

    先日、匿名掲示板に「最もリメイクすべきゲーム」というスレッドが立っていた。この手の話題はたまに見かけるけど、大体1995年リリースの『クロノ・トリガー』を推す声が多い。同作は、まだスクウェアソフトがエニックスと合併していなかった時期のソフト。エニックスの看板『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターデザインを担当していた鳥山明氏を迎えたことで、当時のゲームファンを騒然とさせた。言うならば『ファイナルファンタジー』で売れたスクウェアに『ドラクエ』のエッセンスが加わったもので、これはまさに信じられないサプライズだった。実際にゲームとしての完成度も素晴らしいもので、個性的なキャラクターが敵にも味方にも配されていた上に、時間軸を行き来するという特性も相まって奥行きのあるゲームに仕上がっていた。

    そのほかの意見
    「『ゼノギアス』はPS2レベルでいいからもう少し見やすいグラでやりたい」
    「過去の『ペルソナ』シリーズを5の戦闘システムでやりたい」
    「『天地創造』かな。復興シーンは映えると思うんだよね。でも思い出の中でじっとしていてくれと思ったりもする」
    「俺はリメイクというかリブートしてほしいのは『パラサイトイヴ』 『FF7R』のシステムに一番合う」
    「『タクティクスオウガ』を『FF7R』みたいな戦闘でリメイク」

    どれもこれも納得である。アトラスの『ペルソナ』シリーズのリメイクなんて叶ったら、本当に最高だなぁ。『ペルソナ2罰』で”かっこいい大人”に憧れた青春時代を思い出す。
    全文はソースをご覧ください

    ★1が立った日時:2020/05/31(日) 14:35:44.99
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1590903344/

    【【君はどれ?】リメイクしてほしいゲーム、やっぱりアレが人気!!! 『ペルソナ』『ゼノギアス』を推す声も ★2】の続きを読む

    1: 2020/05/30(土) 19:30:25.57 ID:4IqxxhiU9
    略)

    ダブルオー至上主義者の語る”これが一番!”

    一口にガンダムシリーズと言っても作風は千差万別だ。初代『機動戦士ガンダム』から約40年。ファーストの続編や、世界観を別にしたもの、仕切り直しの新要素マシマシのものなど、実に多様な作品が出ている。

    僕は『機動戦士Zガンダム』が特に好きなんだけども、ガンオタの数だけお気に入りの作品があるわけで、ことさらに世代間で争うつもりもない。『Gガン』も『ポケ戦』も『Gレコ』もそれぞれに光る魅力はあるし、わざわざビームサーベルよろしく振りかざして別のファンと喧嘩してもしょうがないと思っている。

    そしてこれは、歴の長い、アラフォー以降のコアなガンオタにとっては、ある程度共通認識ではないだろうか。ここに至るまでには「どの作品が一番なのか」みたいなことを他のオタクと言い争うような段階もあったかもしれないが、やがてそんなことは不毛で無意味と悟る。そうしていつかは「みんなそれぞれに良さがあるし」という心持ちになっていくのだ。

    先日も5ちゃんねるに「ぶっちゃけガンダムで一番面白いのって『ダブルオー』だよな」というスレッドが立っていた。

    このスレ主なんてまさにその典型的な、成長途上(というか無駄な論争で疲れ果ててしまう前の段階)のガンオタのように見える。『機動戦士ガンダムOO』が一番面白いというスレ主の書き込みを紹介したい。

    「エクシア(主役の搭乗機)も一番かっこいい」
    「OPもEDも全部神」
    「キャラの成長を感じるのは魅力」

    僕は『ダブルオー』は放映当時の付き合ってた彼女の影響で観ていたけど、たしかにOPもEDも悪くない。THE BACK HORNの「罠」、イントロがいいよね。というかあの時期のあの時間帯に放送されていたアニメって、ハガレンとかも含めてやたらテーマ曲も良いのが多かった気がする。

    そしてエクシアも勿論かっこいい。そのバリエーションもシルエットが都度ビビットに変化するので見ていて面白い。キャラクターについては私見だけど、個人的にキャラの成長描写はあんまり興味なくて、描き分けが出来ている部分は気に入った。イケメン多いけど、それぞれにヘルメット被っててもすぐに区別が付くって、結構ありがたい…

    こんな書き込みもあった。

    「ガンダムで地球外生命体との戦いを描いたのは評価されるべき。それを『やっちまった』と思うべきかは分かれそう」

    これにスレ主は「別に地球外生命体を登場させたのが気に入らないっていうのは自由だしいいと思う。でも事実を歪曲して過剰な批判をする奴は許せないわ」と書き込んでいる。

    “過剰な批判をする奴は許せない”

    この言葉って結構な暴力だよね。僕なんかはこういう論調のガンオタをこれまで5兆人ぐらい見てきた気がするので「はい出た~」と思ってしまった。

    めんどくせえのだ。こうなると。

    それに、そんなことをスレ主に言われたら「そんなん言ったら『ダブルオー』が一番面白いっていう意見も他の作品への全否定、過剰な批判。事実の歪曲じゃん」って気もしてくるし。

    このようにスレ主はアンチ未満の、論議の余地のありそうな意見にも食ってかかっている。

    ガンオタの、悪いエキスが滲み出ている。そのためスレッド自体も伸びてないし、結局闊達な意見交換も行われることはなかった。テンプレ通りのガンオタのダメな部分が溢れた結果である。

    たとえば冒頭で書いたように僕は『Z』が好きだけど、わざわざ大勢のガンオタがいるところで「いや~Zが一番だな」とかは言わない。言うメリットがないし。そんなのを聞かされたら、他の作品のファンがモヤモヤするだろう。

    今回の例をとっても、スレ主は「ダブルオーが一番」と主張しつつも、他の作品については実は貶してもいない。しかし、それでもスレッドでは噛みつかれてしまっているし、割と冷静にダブルオーについて、「個人的には一番ではないかな」と意見を表明している書き込みもある。

    でもそういうのを一括りにして反論と捉えてムキになっちゃってる節があるので、なんというか「若いガンオタさんだね。そういう時期もあるよね」ってなる。

    ガンオタって大勢いるけど、全然一枚岩じゃない。「俺の推す作品こそが」のガンオタは結構多い。どの作品が一番なのかって議論自体が、争いの元なのだろう。
    ◼抜粋以下全文
    https://news.careerconnection.jp/?p=94401

    【ぶっちゃけ一番面白いガンダムはダブルオー! OPもEDも全部神 なぜ一部のガンオタは自分から火種を撒いてしまうのか…】の続きを読む

    1: 2020/05/30(土) 08:57:14.65 ID:CAP_USER
     ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は5月30日、ホリデーシーズンに発売予定の次期ゲーム端末「PlayStation 5(PS5)」のバーチャルイベントを6月5日に開催すると発表した。日本時間の6月5日午前5時から約1時間の予定だ。YouTubeとTwitchで視聴できる(URLなどについては後日発表)。

     今回のイベントは新作ゲームタイトルの紹介が中心。SIEのCEO兼社長のジム・ライアン氏は公式ブログで「ハードウェアの可能性を引き出すべく制作されたゲームの数々は、業界の中でも選りすぐりのものになるでしょう」と語った。

     新型コロナウイルス感染症対策で「多くの方々にお集まりいただくイベントの開催は困難となりましたが、今までとは異なる視点で、新しい可能性を試みる好機にもなりました」とライアン氏。

     SIEはこれまで、PS5のロゴ、主なスペック、コントローラーの画像とスペックを小出しに発表しているが、本体の画像はまだ披露していない。

     ライアン氏は「来週の本発表の後も、PS5に関してはまだまだたくさんの情報をお届けしてまいりますのでご期待ください」としているので、本体披露はまだ先のようだ。
    2020年05月30日 06時39分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2005/30/news019.html

    【【ついに!!!!】ソニー、PS5の新作ゲームを6月5日のバーチャルイベントで初披露】の続きを読む

    このページのトップヘ